人気のパーティードレスをレンタルするための流れを見てみよう

利用するにあたって

ドレス

レンタルまでの流れ

パーティドレスをレンタルしたいと思ったら、まずは公式ホームページからドレスやワンピースなどを選びましょう。中にはコーディネートセットと呼ばれるドレスの他にもシューズ、バッグなどが付いてくるセットもあるので、非常に便利ですよ。また、サイトによって違いはありますが、大体はご返却希望日の80日前からの予約が可能となっています。ご希望のレンタル期間にその商品が空いているかを確認して、予約するようにしましょう。ドレスのサイズに関しては、ドレスの実寸サイズを参考にすることが出来ますが、サイズ感やドレスの詳細で気になることがあったら、遠慮なくお問い合わせをすることが良いです。そうして、パーティドレスをレンタルしていきましょう。

ドレスが自宅に届くまで

ここではパーティードレスを予約した際に、お手元に届くまでの流れを見てみましょう。まず、お客様より注文をいただいたら商品のピッキングを行ないます。アクセサリーなどの小さい物も1つ1つしっかり管理を行なっていますよ。そして、ピックアップした商品は1つずつ手作業でたたみます。自宅にドレスが届いた際にシワシワでは残念な気持ちになりますよね。このような気持ちにさせないためにも、丁寧にたたむので安心してください。箱の中にはレンタルしたドレスと一緒に納品書や着払い用伝票などが同梱しているので、届いた際は確認をしましょう。商品の発送が完了したら、発送完了メールにて荷物の追跡番号を連絡します。徹底した管理と配慮を持ってドレスを発送しているので、商品が届くまで、しばらく待ちましょう。

パーティードレスが汚れても安心

無事にパーティードレスをレンタルすることが出来れば、申し込みの際に指定した場所にドレスが届きます。実際にドレスが届いて「思っていたドレスと違う」「サイズが合わない」などの問題が発生しても、代わりのドレスを即日発送してくれるので安心です。また、ドレスを着用して汚してしまった場合でも、ショップ側にて修理・特殊なクリーニングを行なって、ドレスの状態を改善することが可能です。そのため、洗濯や修理などの自己処理、外部への依頼の修理は行わないようにしましょう。自分でドレスを処理してしまった場合は、通常よりも補償金が多く発生することがあるので注意が必要です。なお、通常の使用による汚れや傷などが発生しても、お客様の費用は発生しません。安心して、パーティーや結婚式を楽しみましょう。

返却も簡単に出来る

パーティードレスをご利用した後はそのままの状態で、到着した段ボールや箱に商品をまとめて返却予定日に発送をしましょう。原則として、お届け時の箱にて返却を行ないますが、出先での返却時や箱を持ち歩くのが困難な場合は、宅配会社で購入出来る段ボール箱に入れて返却しても問題はありません。箱ではなく、袋での返却はドレスなどが痛んでしまうので、行わないようにしましょう。また、発送が難しい場合はコンビニで返却したり、ご自宅に荷物を取りに来てもらうことが可能なので、返却しやすい方法を選ぶことです。また、上にも記載がありますが、ドレスのクリーニングは不要となっています。レンタル品に忘れ物がないかをちゃんとチェックして、返却するようにしましょう。もし、返却予定日が過ぎてしまったら延滞料金が別途でかかってしまうので、気を付けてください。

小物だけのレンタルも可能!

レンタルドレスでは、パーティードレスのみをレンタルすることが出来るイメージがありますが、実はドレスは借りずにボレロやバッグ、アクセサリーなどの小物類だけのレンタルも可能となっています。パーティードレスは持っているけど、そのドレスに合うバッグやシューズが無いと思っている方にも、非常に便利なサービスと言えますね。小物だけの場合でも、レンタル料金はドレスと一緒にレンタルした場合と基本的に同じです。ドレス同様に、お気に入りのアイテムを選んでお届け希望日や返却手続日を指定して注文するようにしましょう。

結婚式シーズンのご予約はお早めに!

5月と6月は春の結婚式シーズンが最盛期を迎えるので、パーティードレスのレンタル利用がとても多い時期になります。人気のドレスやフォーマル・セレモニースーツなどは早い段階から予約が入ってしまう状況なので、ご利用が決まっている際は早めのレンタル予約を心がけましょう。