人気のスタイルを取り入れたパーティードレスをレンタルしてみる

人気のスタイルを確認する

女性

パンツスタイル

海外で人気の女優やトップモデル、セレブなどがファッションショーやパーティーの場でコーディネートしたのをきっかけに、日本でも結婚式などで人気を集めたのがパンツスタイルとなります。以前は結婚式のような場にパンツで出席するのは常識がないということでタブーとされていましたが、近年では認識が変わり、今ドキ女子のおしゃれスタイルとして幅広く認知されています。

ネイビースタイル

結婚式では参加者のルールやマナーが多くて、特に女性は着用できるドレスも限られていきます。ドレスのカラーでは白や黒、目立つ色は厳禁とされているため、ドレスを選ぶときに迷ってしまうことがあるでしょう。そこで、今ネイビースタイルが人気を集めています。落ち着いた色合いでセクシーさと華やかな好印象を与えることに期待が持てます。また、幅広い年齢層で着用することが出来るのも人気の理由の1つでしょう。

ワンピーススカートタイプ

結婚式や披露宴パーティーの女性ゲストは、ふわっとしたシフォン生地やフェミニンな印象のワンピースドレスを着用している人が多いです。ですが、中には「可愛らしいドレスは少し苦手」と感じる人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがワンピーススカートタイプとなっています。派手すぎないシルエットとディテールとなっているので、おしゃれなジャケットを着用すれば、大人女性スタイルとしてかっこよく決まるでしょう。

結婚式のドレスで失敗しがちな出来事

no.1

目立ちすぎるドレスを着用した

今ドキ女子の中で、一番多いのがこのパターンになります。華やかな場でおしゃれしたいという女性が引き起こしやすい失敗例の1つで気合いを入れたのは良いですが、周りと比較してみると派手になり過ぎて、自分だけ浮くことがあります。このような失敗をしないためにも、適度に周囲と馴染める程度のおしゃれに留めましょう。

no.2

場違いなドレスをチョイスした

結婚式に初めて参加する際に、どのようなドレスを着用すればいいのか分からなくて、結局場違いな恰好をしてしまうことがあります。お堅い結婚式ではフォーマルなドレスや恰好での参加を求められますが、そのような場に派手なドレスを着ていくケースも少なくないです。このような失敗を避けるには、まずはマナーを把握する必要があります。

no.3

年相応ではないドレスを選んだ

おしゃれのつもりで選んだドレスも年齢に合っていないこともあります。それが周りから失笑をもらうことも多々あるでしょう。若い人でよほど大人っぽいドレスを着こなすことが出来たり、ある程度の年齢に達していても若い女性用のドレスを着こなせる自信がない限りは、年相応のドレスを選ぶのが無難です。

no.4

親族の方に受け入れられなかった

肌の露出を多くしたせいで下品とのイメージを持たれてしまい、新郎新婦の親族に嫌な目で見られた失敗談も珍しくありません。若い世代の感覚ではおしゃれだとしても、やはり年配の方からすれば、中々受け入れがたいという世代はいます。そのため、肌の露出を控えめにしたパーティードレスを選ぶのが良いでしょう。

no.5

自分だけ安っぽいドレスでの出席

いざ結婚式の出席してみたら、自分だけが安っぽいドレスを着用して恥をかいたケースも多く聞きます。パーティードレスは通常の服よりも値段が高めに設定されているので、無理して購入するのはつらいですよね。そこで、高級ブランドや有名ブランドのドレスをレンタルして、着用する人が増えていますよ。

パーティードレスで失敗しないためにも

パーティードレスを着用する機会が一番多いのが、結婚式になります。大事な結婚式にお呼ばれして後悔しないためにも、よくある失敗例などを確認して、予備知識として参考にすると良いですよ。